『差がつく読書』レビュー - 独立したい男のつれづれ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『差がつく読書』レビュー

ブックオフで見つけて買いました。105円なり。読書を大きく2つの種類に分けています。「実読」と「楽読」です。「実読」では、精読よりも多読を推奨しています。

精読というのは、多読の後に来るものだと考えている。多読して、本の面白さを知る。だんだんと本の細かい部分の理解が進んでくる。本の中に著者がさまざまな工夫をしていること、文章のほんの少しの違いの中に思想が現れることなどを知ってくる。精読はそれからで十分なのだ。



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://dokuritshitai899.blog55.fc2.com/tb.php/146-bc17a3db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。